どんなお魚が漁獲されるの?
以西底びき網漁業の由来
以西底びき網漁業は、九州西方海上に拡がる広大な大陸棚を有する東シナ海・黄海を主漁場とする底びき網漁業で、その操業できる許可水域が、政令で東経128度29分53秒以西と定められていることから、水産関係者の間では、「以西底びき網漁業」と呼ばれています。
この漁業の大きな特徴は、主に大陸棚に棲息する底魚を漁獲対象とするために、2隻の漁船で1つの大きな網を使用して行う漁法にあります。大正時代にこの漁法が考案され、その漁獲効率の高さから急速に発展、戦前戦後の最盛期には数百隻もの漁船が、この以西底びき網漁業に従事していました。しかしながら、東シナ海における外国漁船(中国、韓国)などとの漁場競合、資源減少によりその漁業勢力は大きく衰退し、残念ながら、この漁業を専業としている漁業者は当社を残すのみとなっています。


HOME会社案内お問い合わせ以西底びき網漁業とはお役立ちお魚辞典一汐の幸



このホームページに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。 (C)2001 山田水産株式会社