会社案内

会社案内

- 本社概要 -

会社名 山田水産株式会社
代表者 代表取締役 山田 浩一朗
本社所在地 〒852-8003 長崎市旭町3番22号
TEL 095-861-1103
FAX 095-861-1105
創業 大正年間
設立日 昭和40年12月17日
資本金 9,000万円
所有隻数 8隻(長運水産(株)含む)
会社名 山田水産株式会社
代表者 代表取締役 山田 浩一朗
本社所在地 長崎市旭町3番22号
TEL 095-861-1103
FAX 095-861-1105
創業 大正年間
設立日 昭和40年12月17日
資本金 9,000万円
所有隻数 8隻(長運水産(株)含む)
asahi2

京泊事業所

所在地 〒851-2211 長崎市京泊3丁目3番1号
(長崎魚市場関連商品売場棟内)
TEL 095-850-4106
FAX 095-850-4357
所在地 長崎市京泊3丁目3番1号
(長崎魚市場関連商品売場棟内)
TEL 095-850-4106
FAX 095-850-4357

会社沿革

明治38年 山田吉太郎・鷹治兄弟が魚問屋業を開始。
大正年間 漁業に進出。
昭和40年12月 山田水産株式会社を設立(法人化)。
昭和44年12月 長運水産株式会社を設立。
平成6年
2月
社員寮(山一シーサイドハイツ)を竣工。
平成14年
2月
長崎市旭町へ本社移転。
平成15年
6月
全船一斉休漁並びに自主休漁期間を設定。
平成18年
7月
マルシップ制度を導入。
平成18年
8月
事業所を長崎魚市場内事務所へ統合。
平成22年
4月
長崎市京泊に新漁具工場を建設。
平成24年
1月
運搬船への洋上転載方式を廃止。
平成28年10月 1.2長運丸を実証船(2年間)とし、もうかる漁業創支援事業の実証を開始。
明治38年 山田吉太郎・鷹治兄弟が魚問屋業を開始。
大正年間 漁業に進出。
昭和40年12月 山田水産株式会社を設立(法人化)。
昭和44年12月 長運水産株式会社を設立。
平成6年2月 社員寮(山一シーサイドハイツ)を竣工。
平成14年2月 長崎市旭町へ本社移転。
平成15年6月 全船一斉休漁並びに自主休漁期間を設定。
平成18年7月 マルシップ制度を導入。
平成18年8月 事業所を長崎魚市場内事務所へ統合。
平成22年4月 長崎市京泊に新漁具工場を建設。
平成24年1月 運搬船への洋上転載方式を廃止。
平成28年10月 1.2長運丸を実証船(2年間)とし、もうかる漁業創設支援事業の実証を開始。

山田水産株式会社関連グループ

山田鉄工株式会社
山田鉄工株式会社
山田屋石油株式会社
山田屋石油株式会社

長運水産(株)

所在地 長崎市旭町3番22号
設立 昭和44年12月
事業内容 以西底びき網漁業

山田屋石油(株)

所在地 長崎市旭町3番22号
設立 昭和24年3月
事業内容 石油製品卸売業

山田鉄工(株)

所在地 長崎市旭町3番22号
設立 平成6年11月
事業内容 陸舶用内燃機関修理業

山田屋商店(株)

所在地 長崎市旭町3番22号
設立 平成7年8月
事業内容 不動産賃貸業

 

山一商事(株)

所在地 長崎市旭町3番22号
設立 昭和4年1月
事業内容 不動産賃貸業