所有船舶の紹介

所有船舶の紹介

現在114トン~164トンの漁船8隻で操業しています。

第三・第五山田丸

shinozaki

若手の将来に期待

少しずつですが、若い人たちも増え、中には将来楽しみな子もいます。
6年ほど前から、高卒の子が増え始め、最初はどう接すればいいか、とまどいました。ユトリ世代の子、ヤンキーみたいな子‥‥。でも性格は素直で真面目な子供たちばかりでした。
精神的、肉体的にキツイ・つらいはどの仕事にもあります。楽な方に逃げずに絶対、漁撈長、機関長になってやるという気持ちを持って頑張ってもらいたい。山田水産、山田丸の看板を末永く掲げていってほしい。
私も、あと何年乗船出来るか分かりませんが、この子達の成長を見ていきたいです。

第三・第五山田丸 漁撈長 篠﨑 勝志

第三・第五山田丸
漁撈長 篠﨑 勝志

3山採用
船名 第三山田丸
総トン数 162トン
乗組員数 12名
5山採用②
船名 第五山田丸
総トン数 162トン
乗組員数 12名

第二十一・第二十二山田丸

takemura

以西底びき網漁業を守る

日本人の乗組員不足と海技免状所有者の不足が現状の課題。
若い乗組員が早く免状を取得し、また仕事を覚えて、以西底びき網漁業の灯を守り、山田水産を担う責任者になってほしい。

第二十一・第二十二山田丸 漁撈長 竹村 成則

第二十一・第二十二山田丸
漁撈長 竹村 成則

21山採用
船名 第二十一山田丸
総トン数 164トン
乗組員数 13名

 

22山採用
船名 第二十二山田丸
総トン数 164トン
乗組員数 11名

第一・第二長運丸

kiya

大漁を目指して

自分も、先輩漁撈長方からアドバイス頂きながら、日夜奮闘しています。
水産資源が減少傾向の中、大漁だった時の感動は次への活力につながりますね。
若い乗組員も少しずつ増え、頑張っています。
共に努力し、船全体の士気を上げ、安全操業第一に、大漁を目指して邁進していきたいです。

第一・第二長運丸 漁撈長 木谷 慶吾

第一・第二長運丸
漁撈長  木谷 慶吾

1長採用
船名 第一長運丸
総トン数 114トン
乗組員数 12名
2長採用
船名 第二長運丸
総トン数 114トン
乗組員数 11名

第六・第七長運丸

obata

意欲ある若い力

世代交代が進む中、意欲ある若い力も少しずつ増えてきた。
このまま順調に育ち、リーダーとして、将来の漁業を支える存在になってほしい。私も「以西底曳」を、また「日本最西端の漁場、東シナ海」を守るよう頑張っていきたい。

第六・第七長運丸 漁撈長 小畑 政浩

第六・第七長運丸
漁撈長  小畑 政浩

6長採用
船名 第六長運丸
総トン数 162トン
乗組員数 12名
7長採用
船名 第七長運丸
総トン数 162トン
乗組員数 12名