先輩船員の声

先輩社員の声

今の目標は、みんなからスゴイ!と言われる
ベテラン機関長になることですね

今の目標は、みんなから
スゴイ!と言われる
ベテラン機関長になることですね

INTERVIEW #01

nema

INTERVIEW #01

第三山田丸 機関長 根間 玄一朗
入社年:平成25年 入社6年目

第三山田丸 機関長 根間 玄一朗
入社年:平成25年 入社6年目

q_sp2

あなたが入社したきっかけを教えて下さい

沖縄の宮古総合実業高等学校を卒業し入社6年目となります。
高校の時に会社説明会があった数社の中から山田水産が一番自分に合う気がしました。
山田水産では、歳は関係なく、自分の頑張り次第で、役職付いたらすぐに上に上がれるというのが大きな魅力でした。ただその時はまだ、決めていたわけではなかったんですが、会社説明会で「まずは船や会社を見に来てから、じっくり考えてみろ」と言われ、実際に長崎へ見学に行き、心が決まりました。
初めて山田丸を見た時、普通のタンカーと比べて船が黒くてカッコいいなと思いました。
深く考えずに決めたってのが、本音ですね(笑)

a_sp2
nema02
q_sp2

職場の雰囲気を教えて下さい

昨年11月に結婚したんですが、会社には社宅もあり、すごく助かっています。
みんなで飲み会をやったり、本当にいい仲間です。
会社の雰囲気はみんな元気があっていいですよ。
高校の時から機関長になるのが夢だったので半分くらいは夢が実現しましたね。
みんなに支えられながら、今は仕事がとても楽しいです。いい仲間との出会いに感謝しています。
大変なこともありますが、それをみんなで乗り越えた時や自分の力でやりぬいた時は山田水産に入って本当によかったと感じますね。

a_sp2
q_sp2

あなたが仕事のやりがいを感じる時は?

魚がたくさん獲れた時はもちろん嬉しいですが、機関長という立場で船に乗るので航海中にトラブルが発生した際、それをこれまでの経験や自分の知識で解決した時は実力にもなるので、やはり嬉しいです。
機関トラブルを解決するのは機関長の役目なので、責任がありますからね。だから毎回緊張はつきものですが緊張は重要で、緊張するぐらいが、安全にはいいんですよ。この仕事に、ほんとやりがいを感じています。
今後の目標はみんなから信頼・尊敬され、スゴイな!と言われるような機関長になりたいです。
信頼・尊敬するベテラン機関長がいたから今の自分がありますからね。

a_sp2

新しい仲間へメッセージ

これから船で仕事をやろうと考えている人にはぜひ漁船を勧めたいですね。
内航船もいいと思いますが、漁船は魚が獲れたら獲れただけ給料が上がるのでやりがいがあります。
いろいろな面で内航船より漁船の方が学ぶ事も多いと思います。
体力とか忍耐力とか鍛えられますからね。自分の可能性にチャレンジしてください!

#02

第二長運丸 機関長 井上 勝成
入社年:平成27年 入社4年目

#03

第一長運丸 通信士 嶺井 里央
入社年:平成28年 入社3年目